お金に困った時は消費者金融

急な出費で生活費が足りない、冠婚葬祭、飲み会が入ってお金が必要になった、様々なお金のトラブルに対応できる手段の1つとして、消費者金融は人気があります。簡単に借りられそうというイメージは強く、急ぎの時ほど頼る人は多いようです。

 

その反面、消費者金融に対してよくないイメージを持っている人もいます。強引な取り立て、高い金利、借り過ぎによる返済不能や破産などの、負のイメージは根強いです。

 

 

実際の所、もしもお金に困った時に消費者金融という選択肢はどうなのか、メリットとデメリットを冷静に考えて判断すべきだと思います。

 

消費者金融だからこそのメリット

消費者金融のメリットとしては、手軽に、しかもスピーディにお金を貸してくれる点にあります。

 

消費者金融の申込みは、担保も保証人も必要ありません。無担保融資といって、担保がなくても融資が可能です。あれこれと証明書などの書類を用意する必要も、基本的にはありません。50万円を超えるような多額の借入れでなければ、免許証1枚で手続きができる位です。この手軽さゆえに、家族や知人に知らせずにこっそりと契約するのも可能です。

 

また、消費者金融は対応の早さにも定評があります。申込みから実際にお金を借りるまで、何日にもわたって手続きをする必要はありません。審査が長引く、申込み時間が夜中の0時や早朝などの特殊な例を除けば、その日の内にお金を借りるのも可能です。

 

何故なら大手の消費者金融であれば審査は最短30分、審査結果に問題がなければすぐに本契約が結べます。店頭に行けるならばその場でカードを発行してもらえますし、来店が難しくても銀行振り込みでの貸付けも可能です。インターネットを活用すれば、自宅にいるだけで、1時間程度で、口座にお金を振り込んでもらえます。

 

すぐにお金が必要な人、店頭に行く時間も惜しい人、誰にも秘密で借入れがしたい人など、消費者金融は様々なニーズに対応しているといえます。

 

消費者金融に対する大きな誤解

消費者金融のデメリットの話の前に、現在も横行している消費者金融の様々な誤解について理解しておいた方がよいでしょう。現在の消費者金融では、強引な取り立てや勧誘というのは行われていません。貸金業法の改正により、上限金利に引き下げや強引な取り立ての禁止など、安全に利用できる環境が整ってきました。

 

現在の消費者金融でもしも返済が遅れるとしても、事前に連絡を入れておけば取り立てはありません。家や職場に押しかけて脅しでもかけようものなら、貸金業法違反で営業停止などの厳しい処分を受けてしまうからです。金利も引き下げられたので、以前程高い利息も取られなくなりました。

 

厳しい取り立てがなければ、返済不能になる人も増えるという心配もあるかもしれません。これについては、総量規制という法律によって、年収の1/3を超える貸付けが禁止されました。要するに、収入に見合わない多額の借入れが禁止されています。

 

これによって、借り過ぎて返済不能におちいるリスクも軽減されています。現在の消費者金融は、より安全に利用できるようになったといえます。

 

ただしその弊害として自分では収入を持たない専業主婦の方が消費者金融から借りにくくなってしまっているため、配偶者に安定した収入がある専業主婦の方がお金を借りる場合には、内緒で利用ができる専業主婦人気が高いイオン銀行カードローンを考えてみると良いです。

 

消費者金融のデメリット

手軽に利用できて対応も早く、金利も引き下げられ、強引な取り立てもなくなった、良い点ばかりのように見えますが、やはりデメリットもあります。

 

昔と比べて安全になった消費者金融のカードローンですが、その分審査が厳しくなってしまいました。金利が下がり、強引な取り立てもできないので、回収率を上げなければ経営が成り立ちません。以前のように誰にでも簡単に貸付けするという訳にはいかなくなりました。

 

また、総量規制によって、以前よりも多額の借入れが難しくなりました。安全に利用できる反面、融資が厳しくなったのはデメリットといえます。

 

それでも銀行カードローンと比べれば審査基準は低くなっているので、銀行で借りられなかった方でも消費者金融大手のプロミスのキャッシング審査に通過できる見込みは十分にあります。